目の下のクマは疲れ以外にも原因があります

基本的に目の下のクマは睡眠不足や疲れなどが原因だと言われています。

しかし、自分の場合は花粉症がクマを作っていました。

なぜなら花粉症の時期には目の周りが痒くなります。特に目頭が痒くなるので、ついつい掻いてしまう癖がついていました。

そして気がつくと目の下が黒くなっていたのです。

初めはクマだと思っていましたが睡眠も十分だしなんだろうと疑問に思っていました。

そんな時に友人から目の下を掻くとクマやしわの原因になると教えてもらったのです。

聞いたときは信じられませんでしたが、とにかく目の下のクマを少しでも直したい切実な思いから、その後は痒くても掻かないように努力しました。

そうすると掻かなくなって、しばらくしてから目の下のクマが気にならなくなったのです。

本当にビックリしましたが、ほとんど消えたので友人のアドバイスには感謝してもしきれません。

また、コンタクトレンズを入れたり外したりする時も、きつくやり過ぎるとクマの原因になるそうです。

要は、こすったり、掻いたりして刺激を与えると全ての老化につながるのだ言うことが、よくわかりました。

これからは痒くても掻かないようにすることと、化粧する時やクレンジング、洗顔なども全て優しくタッチして目の下のクマやしわを回避する努力を続けて行く決意です。

https://www.vgarant.net/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です