寝付けないのも疲れすぎのサイン!

仕事が忙しくて帰宅が夜遅くになることが多くなることもあるでしょう。

翌日も忙しいから、しっかり休もうと思っても、なかなか寝付けないことはありませんか。

眠れないときも、疲れすぎているサインです。

仕事が忙しすぎて、生活リズムが乱れているときには、自律神経も乱れてしまいがち。

そうすると、夜になっても交感神経が活発化していて、眠りたくても眠れないという現象が起こります。

そんなときには、体内時計の乱れを戻してあげることが必要。

朝昼夜の適切な時間帯に食事を取るようにして、早めに寝られるように仕事を調整できるとベストです。

仕事の調整をつけにくいときには、ハーブティやホットミルクなどを飲んで、リラックスできるようにすると良いですね。

アロマオイルを利用するのもオススメです。

リラックスして副交感神経優位になれば、寝付きやすいでしょう。

また、無理して眠ろうとすると、それがストレスになって、かえって寝付けないこともあります。

眠らなくてもいいやと思うことで、リラックスできて、気づかないうちに寝つけていることもありますよ。

https://www.duranduran.jp/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です