GI値に注目して炭水化物を摂っても太りにくいメニューにしましょう

炭水化物を摂ると、血糖値があがりやすいです。

血糖値が上がると、インシュリンが分泌されて、エネルギーとして使われなかった糖は脂肪として溜めこまれます。

血糖値の上がり方が急だと、インシュリンの分泌量が多くなり、脂肪も溜めこまれやすくなります。

そのため、ダイエットしているときに炭水化物を摂るときには、血糖値が上がりにくい摂り方をするのがオススメです。

ここで注目すべきはGI値。

GI値は、血糖値が上昇するスピードの指標になるもので、この数値が低い方が血糖値が上昇しにくいのです。

例えば、白米のGI値は81で、玄米は55です。

カロリーはそれほど変わらないのですが、血糖値の上昇は玄米の方が緩やかなので、脂肪を溜めにくい食材だと言えますね。

麺類が好きな方には、蕎麦もオススメ。

パスタもGI値は50なのですが、合わせるソースによって高カロリーになりがちです。

蕎麦のGI値は54で、つゆは飲まず、合わせるものも野菜や海草にすることによってカロリーも抑えることができます。

https://www.cyclingweb.jp/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です