実は毒をもっているチアシードの特徴と注意点について

どことなくゴマと似ているようで、食べ方は似て非なるチアシード。

オメガ3系の油を含み、美容や健康のためには積極的に食べておきたいスーパーフードとして未だブームが続いてますが、水に浸してからなんてちょっと手間だな~と思っていませんか?

実はこれをしないと毒が体の中で回る可能性も。

引き起こされる症状としては、免疫力の低下やそれによる大病、冷えむくみ、生理不順などまで。

小さい種と思っていても、土に落ちて発芽するまで腐らないように種は自分で身を守るメカニズムがあるため、発芽毒を失くす工程が水に浸すことだったんです。

10度~42度くらいで、12時間以上浸せば無害化。

水分を含んだチアシードはジェル状に変化するので、ダイエット時には過剰な栄養吸収や食欲を抑えてくれるので、お腹を満たせる最高の食材。

スムージーやヨーグルトに混ぜるのがオーソドックスですが、実はこれだと栄養吸収がきちんとできてない可能性も。

元は硬いカラに覆われているため、プチプチとよく噛んで食べることで吸収率がアップしますよ。

https://www.iprotest.cz/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です